長野県内景気判断、10月据え置き 財務事務所

台風19号
2019/10/30 19:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野財務事務所は30日、10月の長野県内経済情勢を発表した。景気の総括判断は「生産活動の一部に弱い動きがみられるものの、緩やかに回復している」とし、前回判断を据え置いた。個人消費や企業の生産活動が回復基調にあるためだ。台風19号の影響は調査時点で被害の全容が判明していなかったため、判断には反映されなかった。

個人消費は「緩やかに回復しつつある」との判断を据え置いた。ドラッグストアや乗用車の販売が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]