/

東京都、経団連などと連携協定 海外新興企業誘致で

東京都は30日、経団連などと海外スタートアップ企業の国内誘致に向けて連携協定を結んだ。日本を代表する大手企業100社が参加するビジネスコンテストを年1回開き、各企業と協業を望むスタートアップ企業を世界各国から募集する。参加した海外スタートアップ企業を都も支援して東京進出につなげる。

都と経団連のほか、日本貿易振興機構(ジェトロ)、プロジェクトニッポン(東京・新宿)の4団体でコンテスト「Tokyo Challenge100」を開く。マッチングを促し、海外スタートアップ企業が日本で事業を拡大する機会を見つけやすくする。

コンテストには毎年数百社の海外スタートアップ企業が参加すると見込む。誘致企業数の目標は4者で工程表をつくって今後詰めるという。世界をリードするイノベーションを都内で生み出す呼び水とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン