きらやか銀行、山形市の産業支援施設で行員修行

地域金融
2019/10/30 18:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

じもとホールディングス傘下のきらやか銀行は山形市の産業支援施設に行員を派遣する。同施設は相談企業の強みをいかした新製品や新規事業のアドバイスで成果を挙げており、ノウハウを習得して取引先支援につなげる。これまで主に財務面のアドバイスをする研修など人材育成に力を入れていたが、本業支援の多様な手法を取り入れ、コンサル力を底上げする。

2019年1月に開業した山形市売上増進支援センター(ワイビズ)に11…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]