熱中症搬送7万1317人 過去2番目、死者126人

2019/10/30 17:57
保存
共有
印刷
その他

2019年5~9月、全国で熱中症により救急搬送されたのは7万1317人だったことが総務省消防庁の集計で分かった。昨年の9万5137人に続いて過去2番目の多さで、死者は126人だった。搬送者数の52%は65歳以上の高齢者が占めた。

 熱中症搬送者数の推移

熱中症搬送者数の推移

この夏は7月中旬まで比較的過ごしやすかった。18年と比べると熱中症の搬送者数は少なく推移していたが、梅雨明け後は気温が上昇し、最高気温が35度を超える猛暑日が続いた。

月別に搬送者数をみると、8月が3万6755人で最も多く、前年より6345人多かった。9月は9532人で前年の3.4倍だった。9月も30度超の真夏日を連日記録し、厳しい残暑になったことが影響したようだ。

症状別では、3週間以上の入院を必要とする重症は1889人で、短期入院が必要な中等症は2万3701人だった。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]