北海道ガス、連結純利益3%減 4~9月

2019/10/30 17:56
保存
共有
印刷
その他

北海道ガスが30日発表した2019年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比3%減の9億7500万円だった。高値で購入した液化天然ガス(LNG)を使用したため、営業利益が減少。前期に計上した設備売却に伴う特別利益6億5700万円がなくなったことも響いた。

売上高は17%増の545億円で、初めて500億円を突破した。LNG価格の上昇で販売単価が上がったほか、ガスと電力の双方で販売件数が増えた。

電力事業の売上高は32%増の137億円だった。販売件数が18年度末に比べ1万9000件強増加し、販売量が伸びた。電力販売量は4億8400万キロワット時だった。

ガス事業の売上高は11%増の266億円だった。ガス販売量は2%増の2億1900万立方メートルだった。工場の稼働やホテルの開業によって業務用販売量が増加したが、今春の気温が高かったことから暖房需要が伸び悩んだ。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]