宮城・気仙沼の新電力、電力供給スタート

2019/10/30 17:52
保存
共有
印刷
その他

宮城県気仙沼市の新電力「気仙沼グリーンエナジー」が電力供給を始めた。域内の再生可能エネルギー事業者から電力を調達し、10月から市内の公共施設へ供給している。バイオマス発電で生まれたエネルギーの地産地消を通して雇用を生み出すなど、地域の成長につなげる。

11月からは太陽光発電からの調達も始める。当面は庁舎や学校などに向けて電力を供給するが、2年後をめどに家庭向けの供給も始める予定だ。

気仙沼グリーンエナジーは一般社団法人気仙沼市住みよさ創造機構が事業を提案し、4月に創業した。日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジー(東京・千代田)や出光興産、国際航業などが出資している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]