羽田線値下げ、京急「損して得」 シェア独走へ先手

2019/10/31 11:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京急電鉄は空港線の運賃を10月から引き下げた

京急電鉄は空港線の運賃を10月から引き下げた

京浜急行電鉄は10月、羽田空港と都心を結ぶ路線の運賃を引き下げた。消費増税で各社が運賃を上げるなか、約3割の大幅な値下げは異例だ。京急は値引きをしなくても空港線の旅客数シェアで首位の32%を握るほか、建設費をまかなう「加算運賃収入」は運賃改定により年約40億円目減りする。なぜこのタイミングで値下げに踏み切ったのか。背景を探ると、ドル箱路線で「損して得を取る」という京急の戦略が見えてくる。

【関連記事】 「ドル箱」羽田路線 JRと京急、因縁の対決

10月中旬、京急品川駅は大小のスーツケースを抱えた旅客でごったがえしていた。羽田空港から大分に帰省するという男性会社員(51)は「これまではモノレールが多かったが、運賃が下がったと聞き京急に乗ることにした」と話す。

京急は10月1日、都心と羽田空港をつなぐ空港線の運賃を引き下げた。品川―羽田空港(国内線ターミナル)間なら410円が300円になるなど約3割下げた。

ライバルの東京モノレールは羽田―浜松町間が500円、東京空港交通(東京・中央)のリムジンバスは羽田―品川プリンスホテル(同・港)で730円かかる。海外では英ヒースロー空港とロンドン市内は約3千円、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]