/

ウナギ稚魚、密漁の罰金300倍に 水産庁

水産庁は30日、ウナギ稚魚の密漁について罰則を強化する方針を明らかにした。現在10万円にしている罰金の最高額を3千万円と300倍に引き上げる。年内に省令を改正し、2023年に適用する。ウナギの稚魚を巡っては、密漁による乱獲や不透明な流通が問題視されている。罰則強化により稚魚の資源保護を目指す。密漁が見つかった場合の罰則は「罰金または懲役」が適用される。省令の改正では懲役の期間も見直す。現在は最長6カ月だが、23年からは最長3年にする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン