中部電、高性能センサーで測量 31日からテクノフェア

中部
2019/10/30 18:15
保存
共有
印刷
その他

中部電力は31日から11月1日まで、最新技術を紹介するテクノフェアを技術開発本部(名古屋市緑区)で開く。高性能センサー「LiDAR(ライダー)」で建物や電柱を認識して測量に生かしたり、ドローン(小型無人機)で災害現場の状況を把握したりする技術を紹介する。入場は無料。2日間で約3000人の来場を見込む。

車に付けたセンサーで測量する(30日、名古屋市)

浮体式洋上風車の模型実験や超電導コイルを産業分野に応用する取り組みなども紹介する。約70の展示ブースを設ける。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]