来秋朝ドラ「おちょやん」 ヒロインは杉咲花さん

2019/10/30 17:30
保存
共有
印刷
その他

NHK大阪放送局は30日、2020年秋に放送開始する連続テレビ小説を、「松竹新喜劇」などで活躍した女優、浪花千栄子の半生がモデルの「おちょやん」にすると発表した。ヒロインは女優、杉咲花さん(22)が務める。

NHK連続テレビ小説「おちょやん」のヒロインを務める杉咲花さん(30日、大阪市)=共同

脚本はドラマ「半沢直樹」などを手掛けた八津弘幸さんが担当する。明治の末に生まれ、大阪・道頓堀の芝居茶屋に奉公に出されたヒロインは芝居の道を志し、喜劇女優として成長。戦後、ラジオドラマや映画でも活躍し「大阪のお母さん」として人気を得ていく。

NHKは杉咲さんについて「演技力が非常に高く、チャーミングさと力強さを兼ね備えた稀有(けう)な方」(桜井壮一制作統括)として、オーディションを開かずに抜てき。「おちょやん」は、茶屋などで奉公する少女を指す大阪言葉だという。

記者会見した杉咲さんは「皆さんの大事な15分を、明るくてパワーをもらえるひとときにできるよう一生懸命頑張りたい」と抱負を述べた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]