ペイペイ 加盟店が即日利用に 全国で新サービス

2019/10/30 17:15
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクグループ傘下でスマートフォン決済を手掛けるペイペイ(東京・千代田)は30日、店舗が加盟を申し込んでから1日でスマホ決済が利用できるようにする支援サービスを始めたと発表した。従来は審査やスマホ決済に必要な端末の送付、初期設定などで約1週間かかっていた。即時に審査して、営業担当者がキットを初期設定する。加盟店を増やして、利用者増につなげる。

新サービスは「ペイペイスマートスタート」で、特許も出願した。ペイペイは全国20拠点に営業担当者を数千人、配置している。担当者が飲食店などを訪問し、店舗側が導入を決めると、ネット上ですぐに審査し、店の情報と決済に必要なQRコードの情報をひも付ける。初期設定も支援する。

9月から東京など一部で試験導入したが、10月下旬から全国で新たな支援サービスを始めた。ペイペイは10月1日に利用者数が1500万人、加盟店は150万カ所を超えた。大規模な還元キャンペーンも実施し、利用者増も図っている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]