食品・日用品の反動減、14年増税時より小幅に

消費税10%
2019/10/30 15:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月の消費増税による食品・日用品購入額の反動減が前回の増税時に比べ小幅になっている。調査会社のインテージ(東京・千代田)の速報値によると、増税初日を含む改定週(9月30日~10月6日)の購入額は前年同期比で2%増、1週後の10月7~13日は12%減だった。14年4月の増税時はそれぞれ8%減、15%減だった。軽減税率が食品などの消費を下支えしたもようだ。

調査は全国の15~69歳の男女5万人に日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]