健診サボれば交付金減 国保改革の打算
経済部 鈴木大祐

底流
コラム(経済・金融)
2019/11/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

身体測定や血液検査、メタボ健診などをサボると減点になります――。会社員の人事評価ではない。自営業者らが加入する国民健康保険(国保)改革の一環として、国保の運営主体の都道府県に健康づくりへの意欲を高めてもらう新制度だ。厚生労働省は2020年度から導入しようと枠組み作りを進めている。

評価指標をもとにきちんと取り組めばプラス評価となって交付金が増える、というのが従来の制度だ。「マイナス評価」というい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]