三井海洋開発、豪州で2000億円規模の洋上プラント受注

2019/10/30 14:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三井海洋開発は米石油メジャーのコノコフィリップスがオーストラリアで手がける洋上天然ガス生産プラントを受注した。プラントの建造・据え付けまでを一括して請け負う。受注金額は非公表だが2000億円前後とみられる。三井海洋開発による海洋ガス田向けのプラントとしては最大規模の生産能力となる見通し。

受注するプラントは「FPSO」と呼ばれる、海底からくみ上げた石油や天然ガスを貯蔵・積み出す設備。2023年の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]