「小箱」小川洋子さん 子どもとは何か、濃密に問う

読書
2019/11/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「子どものころからドールハウスで遊んだり、マッチ箱に物をしまったりするのが好きだった。何かを閉じ込め、その小さな世界に宇宙を見ることが、小説家としての私の原点なのかもしれない。この小説を書いて改めてそう感じました」

7年ぶりの書き下ろし長編は、かつて幼稚園だった建物が主な舞台。郷土史資料館で使われていたガラスの箱が運び込まれ、「死んだ子どもの未来を保存する箱」となっている。そこに住む「私」は、子…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]