/

韓国向けフッ化水素輸出、1年で3283t→100kg 9月

貿易統計 前月比では若干回復

財務省が30日に公表した9月の貿易統計(確報)によると、半導体製造に使うフッ化水素は韓国向け輸出が100キロとなった。前年同月の3283トンからは激減した状態だが、今年8月に比べると若干ながら回復した。日本政府は7月からフッ化水素など半導体材料3品目の輸出管理を厳格化し、個別案件ごとに輸出審査するようにした。

貿易統計は品目ごとにコードが割り振られている。明確にフッ化水素と区分しているものは、8月時点で韓国向け輸出がゼロになっていた。経済産業省は同月も輸出そのものはあったとし、別の品目として計上された可能性もあるという。

韓国側は8月末、日本からのフッ化水素の輸出が管理強化後で初めて許可されたと明らかにしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン