西山女王が初手三間飛車 将棋・リコー杯女流王座戦開幕

囲碁・将棋
2019/10/30 10:34
保存
共有
印刷
その他

初手を指す西山朋佳女王(左、30日、高知市)

初手を指す西山朋佳女王(左、30日、高知市)

里見香奈女流王座(27)に西山朋佳女王(24)が挑む将棋の第9期リコー杯女流王座戦(特別協力・日本経済新聞社)五番勝負の第1局が30日朝、高知市の「ザ クラウンパレス新阪急高知」で始まった。持ち時間は各3時間。

午前9時43分に西山女王が、同45分に里見女流王座が対局室に入室。尾崎正直・高知県知事の振り駒の結果、西山女王の先手番と決まった。定刻の午前10時、立会人の淡路仁茂九段の合図で対局が始まった。

西山女王が初手から7八飛と、三間飛車戦法の意思表示。振り飛車党同士の対局だが、本局では里見女流王座は居飛車に構え、2枚の銀を中央に集めて対抗している。

対局の模様は「リコー杯女流王座戦中継サイト」でライブ中継しています。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]