EU、英離脱期限の延期を正式決定 書面手続き完了

2019/10/30 3:36
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)は29日、英国のEU離脱期限を10月31日から2020年1月31日に延ばすことを正式に決めた。離脱期限の延期は3回目。EUは経済に混乱をもたらしかねない「合意なき離脱」を避けるため、英国に時間の猶予を与え、秩序ある離脱につなげる狙いだ。

トゥスクEU大統領は28日に合意を発表していたが、英国を除くEU27カ国が書面での手続きを終えて正式に延期を承認した。トゥスク氏は29日、ツイッターに「これが最後の延期となるだろう。この時間を最大限に使ってほしい」と書き込んだ。

公表された文書によると、英国は1月末を待たなくても、英EU双方で離脱案を批准すれば、批准した翌月の1日に離脱を前倒しできる。ジョンソン英首相とEU側で合意した新しい離脱協定案の再交渉は受け入れない方針も明示した。

英国が当面はEU加盟国であることを踏まえ、近く発足する次期欧州委員会に英出身の欧州委員(閣僚に相当)を出すよう求めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]