「大化け株」ワークマンを見いだした男
投資AIと人間(3)

投資AIと人間
2019/11/4 2:02 (2019/11/7 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

AI運用など恐るるに足らず――。株式市場の一角に、こう口をそろえるプロ投資家の一群がいる。AIの網にかかりにくい中小型株から、将来有望な原石を見つけ出すファンドマネジャーたちだ。三菱UFJ国際投信の中川正嗣(54)が掘り当てた作業服販売チェーン、ワークマンは日本株で今年最大の「大化け株」になった。

■作業服業界のユニクロ

「いよいよ『作業服業界のユニクロ』になるぞ」。自らの足で現場を踏み、目を光ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]