/

この記事は会員限定です

森矗昶氏 森コンツェルン、買いまくる

[有料会員限定]

森コンツェルンの創始者森矗昶は昭和初めの経済界で一番忙しい男と称された。次々と新しい工場を立ち上げ文字通り"煙突男"であった。大正の"煙突男"が鈴木商店の大番頭金子直吉なら、昭和初期のそれは森であった。

「昭和8,9年から同15年ころまでの期間における森の多忙さがまったく傍らで見ていられないほどのものであった。その頃の日本で一番忙しい人であった。彼の主宰していた事業は十指を屈しても足りず、片っ端から金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1470文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン