DIC、合成樹脂の韓国合弁解消

2019/10/29 20:43
保存
共有
印刷
その他

インキ世界大手のDICは29日、韓国のAKホールディングスと展開してきた合成樹脂事業の合弁契約を解消すると発表した。折半出資する製造・販売会社、愛敬化学(AKC)について、DICが保有する全株式をAKCに譲渡する。DICは収益改善と事業効率化の一環としている。

AKCは強化プラスチックなどに使われる不飽和ポリエステル樹脂や、硬化剤ポリイソシアネート樹脂、塗料樹脂などを製造・販売してきた。

合弁解消の手続きは12月中に完了予定という。AKCは1979年4月18日設立。資本金は54億2000万ウォン(約5億円)。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]