/

この記事は会員限定です

CO2排出「4分の1に」 東京製鉄が挑む温暖化対策

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

鉄のスクラップから鉄鋼製品(電炉鋼材)をつくれば鉄鉱石からつくるより二酸化炭素(CO2)排出量を75%減らせる――。電炉鋼材メーカーの東京製鉄はそう主張、高品質が求められる自動車用の高張力鋼を試作してみせる。日本の鉄鋼業界のなかでは一匹オオカミに似た存在の同社田原工場(愛知県田原市)を訪ねた。

「バン」とも「ガン」とも言葉では表現しにくい大音響がとどろく。420トンの鉄スクラップを溶かせる巨大な電気炉の中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン