CO2排出「4分の1に」 東京製鉄が挑む温暖化対策
科学記者の目 編集委員 滝順一

滝 順一
コラム(テクノロジー)
編集委員
2019/11/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鉄のスクラップから鉄鋼製品(電炉鋼材)をつくれば鉄鉱石からつくるより二酸化炭素(CO2)排出量を75%減らせる――。電炉鋼材メーカーの東京製鉄はそう主張、高品質が求められる自動車用の高張力鋼を試作してみせる。日本の鉄鋼業界のなかでは一匹オオカミに似た存在の同社田原工場(愛知県田原市)を訪ねた。

「バン」とも「ガン」とも言葉では表現しにくい大音響がとどろく。420トンの鉄スクラップを溶かせる巨大な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]