米山火事、著名人ら避難 ビバリーヒルズ近く

2019/10/29 20:00
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】米西部カリフォルニア州で山火事が多発する中、ロサンゼルス郊外の高級住宅街ビバリーヒルズ付近で28日未明に新たな山火事が発生、元カリフォルニア州知事の俳優アーノルド・シュワルツェネッガーさんら多くの著名人、映画関係者が避難した。米メディアが伝えた。

28日、米ロサンゼルス郊外の美術館「ゲティセンター」近くで起きた山火事(ロイター=共同)

避難したプロバスケットボールNBA、レーカーズのレブロン・ジェームズ選手はツイッターで「冗談などではない」と被害の深刻さを訴えた。多くの観光客が訪れる美術館「ゲティセンター」も休館を決定。カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)など多くの学校も休校を決めた。

28日にハリウッドで予定されていたシュワルツェネッガーさん出演の話題作「ターミネーター ニュー・フェイト」のプレミア上映イベントも中止となった。

乾燥した強風が続くカリフォルニア州では大小さまざまな火事が発生しており、ニューサム知事は27日、州全域に「非常事態」を宣言。サンフランシスコ北方ソノマ郡の山火事で約270平方キロが焼失、約20万人が避難生活を続けている。

一方、電力会社が火災の予防措置として踏み切ったサンフランシスコ周辺での大規模な計画停電について、住民らの不満が殺到。州が28日、適正な判断だったかどうか調査を始めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]