/

この記事は会員限定です

西日本シティ銀行、事業承継支援ファンド 50億円規模

[有料会員限定]

西日本フィナンシャルホールディングス(FH)傘下の西日本シティ銀行は、日本政策投資銀行などと新たなファンドを立ち上げた。規模は50億円。地元の中堅企業などに、事業承継を支援したり成長資金を供給したりする。後継者不足など企業の課題は多様化しており、西日本シティ銀行は融資だけでなく、リスクマネーの供給体制も整えてニーズに応える。

西日本シティ銀行と政投銀、九州リースサービスなどが出資して「NCB九州活性化2号ファンド」を作った。投資期間は3年間。九州の中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り630文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン