/

この記事は会員限定です

「老朽化で危険」122橋、財源不足で手つかず 日経調査

[有料会員限定]

老朽化で危険と診断された全国の自治体が管理する道路橋のうち、少なくとも122橋で修繕や撤去など恒久的な安全策の見通しが立っていないことが日本経済新聞の調査でわかった。財政負担の重さや職員不足で対応が放置されているためだ。台風などの自然災害で健全なインフラでさえ大きな被害を受けるなか、維持か撤去かが定まらない老朽インフラが取り残されている。

緊急に措置すべき状態」と診断された橋のブロック別一覧
北海道 ▼東北 ▼関東 ▼中部 ▼北陸 ▼近畿 ▼中国 ▼四国 ▼九州・沖縄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン