栃木・小山のアクリーグ、「みちびき」で農地管理

2019/10/29 19:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自治体の行政事務支援を手がけるアクリーグ(栃木県小山市)は、準天頂衛星「みちびき」の高精度な位置情報を使った農地管理アプリを開発する。畑のどの区画に何を作付けしたかを手軽に記録でき、熟練者でなくとも連作障害を防ぐことができる。早期に実用化し、貸農園の利用増など農業振興につなげる。

トマトやナス、ピーマンといったナス科の作物は連続して育てると、生育不良などの連作障害が起こりやすい。植え付け場所を毎…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]