/

ANA、航空+滞在の定額サービスの実証実験

ANAホールディングス(HD)は29日、航空路線と旅行先の施設での滞在を定額で利用できるサービスの実証実験を2020年1月に始めると発表した。定額住み放題サービスを提供するスタートアップのアドレス(東京・千代田)と提携。指定の路線を月4回まで利用でき、アドレスの滞在施設を利用できる。月額定額の料金は合計で6万~7万円になる。

アドレスは一定の料金で全国の拠点に自由に滞在できるサービスを提供している。利用料金は個人の場合月4万円から。拠点は現在東京や札幌、福岡など全国に24カ所あり、今後さらに20拠点増やす方針。

実験では同サービスの利用料金に加えて月額2万~3万円を払うことで、指定の路線に月4回もしくは2往復まで搭乗できるようにする。定額で利用できる路線については今後詰める。実験の結果を基に、より詳細なビジネスモデルを検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン