ANA、航空+滞在の定額サービスの実証実験

2019/10/29 18:26
保存
共有
印刷
その他

ANAホールディングス(HD)は29日、航空路線と旅行先の施設での滞在を定額で利用できるサービスの実証実験を2020年1月に始めると発表した。定額住み放題サービスを提供するスタートアップのアドレス(東京・千代田)と提携。指定の路線を月4回まで利用でき、アドレスの滞在施設を利用できる。月額定額の料金は合計で6万~7万円になる。

アドレスは一定の料金で全国の拠点に自由に滞在できるサービスを提供している。利用料金は個人の場合月4万円から。拠点は現在東京や札幌、福岡など全国に24カ所あり、今後さらに20拠点増やす方針。

実験では同サービスの利用料金に加えて月額2万~3万円を払うことで、指定の路線に月4回もしくは2往復まで搭乗できるようにする。定額で利用できる路線については今後詰める。実験の結果を基に、より詳細なビジネスモデルを検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]