「勇気もらった」「姿勢継ぐ」 緒方貞子さん悼む声

2019/10/29 18:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「行動力がある一方で謙虚な人だった」「勇気をもらった」。日本人初の国連難民高等弁務官などを務めた緒方貞子さんが死去したことが分かった29日、親交があった人たちの間で悼む声が相次いだ。緒方さんの歩みを尊敬してきた若者たちも志を継ぎ、国際社会に貢献しようと決意を新たにした。

「人道支援」を掲げ、民族紛争で内戦が続く地にも防弾チョッキに身を包んで赴いた緒方さん。NPO法人「難民支援協会」(東京)の石川…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]