読売新聞記者が談話捏造 懲戒処分方針、富山

2019/10/29 18:12
保存
共有
印刷
その他

読売新聞社は29日、富山支局の男性記者(24)が25日付朝刊の富山版の記事で、自治体の談話を捏造(ねつぞう)していたと明らかにした。29日付の朝刊に「おわび」を掲載した。同社は重大な記者倫理違反だとして懲戒処分とする方針。

同社広報部によると、捏造があったのは「自治体 SNS発信工夫」との見出しで、富山県内の複数の自治体がSNS(交流サイト)を使い、観光や行政の情報を発信しているという内容の記事。

同県広報課の「内容が派手な動画や写真に負け、なかなか見てもらえない」や、魚津市の「積極的に返信しているのも功を奏している」、小矢部市の「SNS活用のノウハウが少ない」とした談話を、取材を行わず作成したという。

紙面を確認した県からの指摘で判明した。記者は「記事を早く出したかった」などと話しているという。同社は「記者教育を徹底し、再発防止に取り組む」としている。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]