/

この記事は会員限定です

農学など4分野強化 来年4月発足の名大・岐阜大法人

[有料会員限定]

名古屋大と岐阜大の運営法人を統合する「東海国立大学機構」が2020年4月に発足する。トップに名大の松尾清一学長が指名され、農学や航空宇宙研究など4分野について機構直轄の拠点を設けることが決まるなど、スタートに向け詰めの作業が進む。国立大では初の県境を越えた法人統合で、研究者数や予算規模を引き上げ競争力を高めることを目指す。

「世界屈指の研究大学と、地域の持続的発展に貢献する大学を同時に達成させたい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン