加賀木材、「燃えない木材」を拡販 水への耐性向上

2019/10/29 17:30
保存
共有
印刷
その他

木材加工の加賀木材(金沢市)は、一定時間熱しても燃焼しない不燃木材を拡販する。雨にぬれても木材中の薬剤が漏れ出さないように改良し、屋外向けの需要を開拓する。不燃木材用の広告宣伝を強化し、営業の人員も増やして全国で認知度を高める。2022年9月期までに不燃木材の売上高を現状の2倍の5億円にまで引き上げる。

同社が手掛ける不燃木材「もえんげん」は、ホウ酸系の薬剤を水に溶かし、専用の装置で加圧しながら…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]