稼ぐ都市農家、消費者ニーズつかむ 新法が参入後押し
変わる首都圏農業(上)

2019/10/29 16:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

都市部や住宅地での農業に注目が集まっている。消費地に近い立地を生かして新鮮な農作物を供給するだけでなく、学びの場や災害時の避難場所としての機能も期待されている。自治体は緑地としての農地の保全に取り組む。農業全体の地盤沈下が進むなか、新法の効果で新規就農や農地拡大が相次ぐ都市農業に潜む可能性を探った。

東京都練馬区の住宅街。山口卓さんが1700平方メートルの農場でミニや中玉のトマトをハウス栽培して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]