バスで地域活性化 京阪や東大、大津市で自動運行実験

2019/10/29 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京阪グループと大津市、日本ユニシスが同市で進める次世代交通網づくりが11月から本格化する。市中心部と比叡山周辺での定額乗り放題や自動運転バスの運行実験を始める。東京大学との共同研究にも乗りだし、いち早くサービス構築と収益化にかじを切る。

11月1日から12月1日まで京阪グループが専用アプリ「ことことなび」を通じて比叡山を周遊できる4種類の乗車券を試験的に発売する。叡山電車やケーブルカー、ロープウ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]