静岡・下田のワーケーション、官民が足並み
(現場から地方創生)

2019/10/29 15:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県下田市が官民で推進する「ワーケーション」。ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を合わせた造語で、豊かな海や歴史に囲まれた観光地ならではの新たな働き方を提案する。事業者からは「ハードよりソフトの提供が重要」との声もあり、現地での楽しみ方や人間関係の重要性を説く。地域の魅力を掘り起こし、活性化につなげる取り組みが始まった。

海風がなびく下田市の中心街の一角で7月にワーケーション拠点が開業した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]