/

この記事は会員限定です

静岡・下田のワーケーション、官民が足並み

(現場から地方創生)

[有料会員限定]

静岡県下田市が官民で推進する「ワーケーション」。ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を合わせた造語で、豊かな海や歴史に囲まれた観光地ならではの新たな働き方を提案する。事業者からは「ハードよりソフトの提供が重要」との声もあり、現地での楽しみ方や人間関係の重要性を説く。地域の魅力を掘り起こし、活性化につなげる取り組みが始まった。

海風がなびく下田市の中心街の一角で7月にワーケーション拠点が開業した。サ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン