/

この記事は会員限定です

家庭紙、物流改革急ぐ 運転手不足・運賃高で

[有料会員限定]

ティッシュペーパーなど家庭紙各社が物流改革を急いでいる。消費者が「安さ」を求める家庭紙はかさばる割に単価が恒常的に安い。消費増税直前の駆け込み特需の混乱が一段落し、市場では需要期の年末にかけて先安を懸念する声も出始めた。物流費高騰分の製品価格への転嫁は容易でなく、運転手の確保も難しい。各社は物流費を抑えて収益を搾りだそうと腐心している。

「30年間で小売価格がほとんど上がらないのはトイレットペーパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン