防衛相「日米同盟に影響」 在日米軍の降下訓練強行で

2019/10/29 17:00 (2019/10/29 21:28更新)
保存
共有
印刷
その他

河野太郎防衛相は29日夜、在日米軍が同日夕に嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)でパラシュート訓練を強行したことに遺憾の意を示した。日本政府は訓練場所を沖縄県の米軍伊江島補助飛行場(伊江村)に集約した日米合意に反するとして、29日午前に訓練の中止を求めたばかりだった。

河野氏は防衛省で記者団に「日米同盟に影響を与えかねない大変遺憾な出来事だ」と述べた。

日米両政府は1996年に安全確保の観点などから降下訓練は伊江島で開催することで合意した。だが在日米軍は嘉手納基地での訓練を繰り返しており、今年は今回で4度目だ。河野氏は「状況説明が米側から全くない。日米同盟を維持、強化するには地元の理解が不可欠だ」と指摘した。

河野氏は米側による訓練の強行を受け、近く日米防衛当局の局長級で電話協議をすると明らかにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]