空き家をまとめてホテルに 地域に再び活気
空き家と向き合う(2)

ルポ迫真
2019/10/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

空き家の活用法が全国的な課題となるなか、兵庫県朝来市で複数戸をまとめて改修し、ホテルとするケースが出てきた。手掛けるのはスタートアップのNOTE(同県丹波篠山市)。家主、観光客それぞれから強い支持を受けている。

「最初はよそ者に何ができるかと思ったが、ホテルが地域の顔になった」。街づくり団体代表の若林茂(64)は、予想外の街の変化に驚く。旧竹田城の城下町としてロケ地に使われ、2014年度に58万…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]