プロ野球

筒香が米大リーグ挑戦を表明 ポスティング制度で

2019/10/29 13:14
保存
共有
印刷
その他

プロ野球DeNAの筒香嘉智外野手(27)が29日、横浜市内で記者会見し、ポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦することを正式に表明した。筒香は「プロに入る前、小さい頃からの夢でもあり、そこに行って勝負をしたいと決断した」と語った。

ポスティングシステムを利用しての米大リーグ挑戦を正式に表明したDeNAの筒香嘉智外野手=共同

ポスティングシステムを利用しての米大リーグ挑戦を正式に表明したDeNAの筒香嘉智外野手=共同

子どもの頃からイチローや松井秀喜の活躍をテレビで見て「だんだんメジャーリーグへの憧れが強くなった」という。出身地の和歌山から神奈川・横浜高に進み、プロ入り後も横浜の地で10シーズンを過ごした。「プレーする中でいい時もそうでない時もあったが、毎日変わらず熱い声援をいただき成長できた」と感謝の言葉を並べた。

自身にとって夢の舞台は「世界の素晴らしい選手が集まっている場所。世界一レベルが高い場所」という。2017年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で4番を務め、スラッガーとして本場に挑むことになるが、「正直分からない部分もある。いろいろな想定、準備をして、試合をする中で自分の引き出しから柔軟に対応したい」。これまでと変わらず「チームの勝利に貢献する姿をみてほしい」と決意を述べた。

球団を選ぶ際のポイントについては「具体的には決まっていない。少し時間があるので考えたい」とした。

筒香は昨年の契約交渉で、将来的な米球界挑戦の意向を球団に伝えていた。球団は10月上旬に容認することを表明。同制度を使って米球界に移籍すれば、球団としては初めてとなる。

筒香は10年にドラフト1位で入団。16年に本塁打と打点の2冠。海外フリーエージェント(FA)権の取得は早くても21年シーズンだった。今季は131試合に出場して29本塁打、79打点をマーク。初めて2番打者を経験し、5年ぶりに三塁も務めた。

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 西武は6日、新外国人選手としてコーリー・スパンジェンバーグ内野手(28)=183センチ、89キロ、右投げ左打ち=とショーン・ノリン投手(29)=193センチ、113キロ、左投げ左打ち=と契約に合意し …続き (6日 20:29)

契約更改を終え、記者会見する巨人の坂本勇(6日、東京・大手町の球団事務所)=共同

 今季セ・リーグの最優秀選手(MVP)に輝いた巨人の坂本勇人内野手が6日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸5億円でサインした。今季から5年契約を結び、2021年までの3年は …続き (6日 19:36)

 巨人の野上が6日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉を行い、3年契約最終年となる来季、現状維持の年俸1億5千万円でサインした。今季は先発登板が1試合だけで13試合に登板して1勝2敗1セーブ、防御 …続き (6日 18:38)

ハイライト・スポーツ

[PR]