プロ野球

筒香が米大リーグ挑戦を表明 ポスティング制度で

2019/10/29 13:14
保存
共有
印刷
その他

プロ野球DeNAの筒香嘉智外野手(27)が29日、横浜市内で記者会見し、ポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦することを正式に表明した。筒香は「プロに入る前、小さい頃からの夢でもあり、そこに行って勝負をしたいと決断した」と語った。

ポスティングシステムを利用しての米大リーグ挑戦を正式に表明したDeNAの筒香嘉智外野手=共同

ポスティングシステムを利用しての米大リーグ挑戦を正式に表明したDeNAの筒香嘉智外野手=共同

子どもの頃からイチローや松井秀喜の活躍をテレビで見て「だんだんメジャーリーグへの憧れが強くなった」という。出身地の和歌山から神奈川・横浜高に進み、プロ入り後も横浜の地で10シーズンを過ごした。「プレーする中でいい時もそうでない時もあったが、毎日変わらず熱い声援をいただき成長できた」と感謝の言葉を並べた。

自身にとって夢の舞台は「世界の素晴らしい選手が集まっている場所。世界一レベルが高い場所」という。2017年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で4番を務め、スラッガーとして本場に挑むことになるが、「正直分からない部分もある。いろいろな想定、準備をして、試合をする中で自分の引き出しから柔軟に対応したい」。これまでと変わらず「チームの勝利に貢献する姿をみてほしい」と決意を述べた。

球団を選ぶ際のポイントについては「具体的には決まっていない。少し時間があるので考えたい」とした。

筒香は昨年の契約交渉で、将来的な米球界挑戦の意向を球団に伝えていた。球団は10月上旬に容認することを表明。同制度を使って米球界に移籍すれば、球団としては初めてとなる。

筒香は10年にドラフト1位で入団。16年に本塁打と打点の2冠。海外フリーエージェント(FA)権の取得は早くても21年シーズンだった。今季は131試合に出場して29本塁打、79打点をマーク。初めて2番打者を経験し、5年ぶりに三塁も務めた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

打撃練習するオリックスのT―岡田(21日、ほっともっと神戸)=共同

 オリックスのT―岡田が21日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で自主トレーニングを公開し、あと30としている通算200本塁打へ「1年間、試合に出続けることができたら、それを超える本数を打てるのでは …続き (21日 23:14)

 日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会が21日、東京都内で開かれ、出場機会に恵まれない選手の救済を目的とした現役ドラフト制度について議論した。出席者の一人は「今年の導入という方向で …続き (21日 22:12)

金田正一さんのお別れの会で、遺影が飾られた祭壇(21日午前、東京都内のホテル)=共同

 プロ野球国鉄(現ヤクルト)、巨人で歴代最多の400勝を挙げて「史上最高の投手」と呼ばれ、昨年10月6日に86歳で死去した金田正一さんのお別れの会が21日、東京都千代田区の帝国ホテルで開かれ、王貞治氏 …続き (21日 20:24)

ハイライト・スポーツ

[PR]