/

トランプ氏、IS指導者殺害に貢献の軍用犬を公開

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は28日、過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者アブバクル・バグダディ容疑者の殺害に貢献した軍用犬の写真をツイッターで公開した。軍用犬は同容疑者を洞窟の奥に追い込み、急襲作戦の成功の立役者とされる。トランプ氏は「偉大な功績を残したすばらしい犬だ」とねぎらった。ただ名前は「機密情報だ」として明らかにしなかった。

トランプ氏のツイートに先立ち、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は28日の会見で、バグダディ容疑者に対する作戦の映像や写真を近く公開すると明らかにした。中東地域を担当する中央軍が作戦の詳細を説明する。対IS作戦の成果を米国民に分かりやすく伝え、政権浮揚につなげる狙いがありそうだ。

ミリー氏によると、特殊作戦はシリア北西部イドリブでトルコ国境から4マイル(約6.5キロメートル)の地点で実施された。バグダディ容疑者が定期的に滞在した地域だったという。ミリー氏はこの作戦で、成人男性2人を拘束したと説明した。

トランプ氏は27日、バグダディ容疑者が洞窟に追い詰められた際に「泣き叫び、金切り声をあげていた」と説明した。だが、ミリー氏は「(トランプ氏の説明の)情報元は知らない」と語り、説明が正しいかどうかへの言及を避けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン