/

NYダウ続伸で始まる S&P500指数は最高値上回る

【NQNニューヨーク=川内資子】28日の米株式相場は続伸して始まった。午前9時45分現在、ダウ工業株30種平均は前週末比181ドル60セント高の2万7139ドル66セントで推移している。米主要企業の比較的良好な決算の発表が相次いでいるうえ、米中貿易協議が進展するとの観測も投資家心理の改善につながっている。米国防総省から大型契約を受注したマイクロソフトが買われダウ平均を押し上げている。

機関投資家の多くが運用指標とするS&P500種株価指数は一時3041台まで上昇し、7月に付けた過去最高値(3025.86)を上回っている。

トランプ米大統領が28日朝、10月の中国との貿易協議の部分合意について調印に向けた最終調整が「計画より早く進んでいる」と述べたと伝わった。米中協議の進展期待から投資家のリスク選好姿勢が強まり、米長期金利が上昇。収益改善への期待からゴールドマン・サックスなど金融株の買いを誘っている。

米国防総省が25日、最大100億ドル規模のクラウドサービスの契約を締結したと発表し、マイクロソフトが3%上昇している。一方、同社に敗れ失注したアマゾン・ドット・コムは安い。

28日朝に発表した決算で1株利益が市場予想を上回ったうえ、物言う株主の要求に応えて100億ドルのノンコア資産の売却などを発表した通信のAT&Tが買われている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン