解剖・中国製造2025 半導体設計、「脱・アーム」急ぐ
米中摩擦で自主開発に執念

アジアBiz
2019/10/28 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の半導体業界で、英アーム・ホールディングスの知的財産(IP)を使わない開発が増えている。事実上の世界標準であるアームを避け、アリババ集団などが誰もが自由に使える「オープンソース」のIPで半導体を相次ぎ完成させた。米中摩擦の長期化で、特定の海外企業に技術依存することへの懸念が広がっているためだ。ハイテク支援策「中国製造2025」が促す自主開発の強化に沿った動きだ。

中国・上海で9月上旬に開かれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]