富士通、新薬の申請データを作成

2019/10/28 20:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士通は医薬品の販売を国に申請するための電子データを作成するサービスを30日から始める。製薬会社ごとに異なっていたデータの形式が2020年4月に統一されることを受け、新しいデータ形式に変換する。作業の手間や費用を抑えられることを売りものに、中小の製薬企業の需要を開拓する。

新薬の販売承認を受けるためには、国に臨床試験(治験)の結果を電子データにまとめて提出する必要がある。治験データに含まれる数値…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]