静岡のヤマザキ、カットフルーツ新工場 生産能力4倍に

2019/10/28 20:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総菜大手のヤマザキ(静岡県吉田町)は急成長するカットフルーツ市場に本格参入する。2020年に静岡市内に加工工場を新設し、生産能力を現在の4倍に増強。需要が急伸しているコンビニエンスストア向けのパウチタイプのリンゴやパインを増産する。原料の果物の自社生産を始めたほか、リンゴなど以外の加工にも着手し、品質向上と商品の多様化を図る。

新工場は20年1月に着工し、同年9月に完成する。投資額は設備・機器を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]