/

さんま漁獲上限、20年も変わらず 水産庁方針

水産庁は28日、2020年のサンマ漁獲量の上限を前の年と同じ26万4千トンにする方針を明らかにした。サンマは20年から中国などが参加する国際的な枠組みでの資源管理が始まる。漁獲量の低迷が深刻な中で上限を変えなかったことについて、水産庁は「今後は国際交渉で漁獲枠が決まるので、日本だけが枠を増減させるのは適当ではない」と説明した。

同日都内で開いた漁業関係者向けの意見交換会で素案を示した。管理期間について、今までは7月から翌年6月としていたが、20年からは1~12月に変更する方針も打ち出した。漁獲枠の上限は、今後有識者の検討を経て正式に決める。

サンマは足元で歴史的な不漁が続いている。今年の漁獲量は上限である26万4千トンを大きく下回る可能性が高い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン