自民・二階氏ら訪中を延期
日中与党交流、先延ばしで

習政権
2019/10/28 21:00
保存
共有
印刷
その他

11月上旬に予定していた自民、公明両党と中国共産党との定期対話「日中与党交流協議会」が延期となった。自民党の二階俊博幹事長が28日の役員会後の記者会見で明らかにした。日中関係筋によると、中国側が日程の先延ばしを申し入れたという。

 4月、会談を前に、中国の習近平国家主席(右)と握手する自民党の二階幹事長=北京の人民大会堂(共同)

自身も訪中予定だった二階氏は記者会見で「日中双方で調整していたが現地の都合もあり延期で話し合いが成り立った」と述べた。「今後のことについて中国からまた相談があると思う」とも語った。

自公両党や中国共産党は11月1~5日に中国の敦煌と上海で交流協議会を開く予定だった。二階氏のほか、自民党の林幹雄幹事長代理や公明党の斉藤鉄夫幹事長らが参加を計画していた。

二階氏は4日に上海で習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談する方向で調整していた。延期を受けた次回会合の開催時期は今後、詰める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]