/

この記事は会員限定です

新潟・佐渡を「起業の島」へ 離島メリット生かす

[有料会員限定]

新潟県佐渡島を起業の島に――。佐渡で創業や企業誘致を進める動きが活発だ。補助金の活用や人材の採用コストの低さなど、離島ならではの利点を追い風に、官民連携で取り組んでいる。首都圏のITベンチャーのサテライトオフィスも増え、成果も出始めた。少子高齢化や人口減少が続くなか、起業を活性化し地域の活力を高める。

佐渡の両津港から車で20分。佐渡市役所近くの国道沿いに、江戸時代に建築された旅館「植田屋」の本館...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン