埼玉県、豚コレラワクチン接種費など補正計上

2019/10/28 19:14
保存
共有
印刷
その他

埼玉県は28日、豚コレラワクチンの接種と台風19号で被災した中小企業の支援費として補正予算を編成し、4395万円を計上すると発表した。31日に招集する埼玉県議会臨時会に議案を提出する。

豚コレラワクチンの接種にかかる費用として3453万円を計上した。ワクチンや注射器などの購入費に加え、家畜防疫員の旅費や民間獣医師への手当など人材確保に必要な経費を盛り込んだ。

農林水産省の防疫指針の改定を受け、県内全域を対象にワクチンを接種する。19年度は計約13万5000頭を接種する計画。注射には手数料として1頭につき320円を徴収する。ただし、初回に接種する計約8万頭分の手数料は減免し、養豚農家の負担軽減を図る。

一方、台風19号の影響で資金繰りが厳しくなった中小企業や農家の支援として942万円を計上。被害を受けた企業を対象に制度融資の融資枠を100億円設ける。農家向け制度融資の融資枠も拡大し、破損した農業設備の更新などを後押しする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]