/

この記事は会員限定です

経済安保、官邸主導で体制強化 中国念頭に米と連携

[有料会員限定]

政府は国の安全保障にかかわる経済分野の規制を強化する。年内に外交・安全保障政策の司令塔を担う国家安全保障局(NSS)に審議官ポストを新設し、経済班を立ち上げる。次世代通信規格「5G」の整備で先行する中国などを念頭に知的財産の流出を防ぐため、首相官邸主導で米国と連携し大学や投資、通信、サイバーなど幅広い分野の基準を見直す。企業活動を阻害しないような対策が課題となる。

2014年に発足した国家安全保障...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り947文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン