/

この記事は会員限定です

ヤマハ、中国の教育熱追い風 ピアノ販売が日本超す

証券部 田中嵩之

[有料会員限定]

ヤマハのピアノの中国市場での販売額が日本での販売額を超えた。中国の教育熱を取り込み、ピアノを含む中国向けの楽器事業の売上高は、2019年3月期までの10年間で3倍以上に成長した。楽器事業全体に占める売り上げ比率も5%から17%に高まった。楽器の販売先の地域では中国は20年3月期に欧州を抜く見通しで、米国も抜いて世界一になる日も近そうだ。

「子どもがピアノを習うのは一般的よ」。中国・広東省、珠海で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン