/

青森銀行とみちのく銀行が包括業務提携

青森銀行みちのく銀行は28日、包括的な業務提携の検討を始めることで合意したと発表した。青森県を地盤とする両行は地元企業のビジネスマッチング事業などで協力関係にある。人口減で経営環境が厳しさを増すなか、提携を深化することで業務効率化を急ぐ。

青森銀行本店(青森市)
みちのく銀行本店

ATMを相互に無料で利用できるようにするほか、預金業務に関する書類を共用したり、バックオフィス業務を共通化したりする。これまで共同開催してきた商談会についてもお互いのネットワークを提供し合うことで取引先支援を拡大する。

青森県に本拠を置く地方銀行は青森銀とみちのく銀の2行のみ。支店もほぼ同じ地域に立地しており、店舗集約で成果を出せれば、経営効率化の余地は大きい。

みちのく銀は2009年、金融機能強化法に基づき200億円の公的資金の注入を受け、返済が課題となっている。両行は「包括的連携は健全な競争関係を維持していくことが前提」と強調しており早期の経営統合には慎重姿勢を示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン